意外に多い看護師が活躍できる職種 | 看護師(ナース)の転職成功の秘訣【失敗しない看護師求人の見極めの極意】

意外に多い看護師が活躍できる職種

かつて看護師として活躍していたけれど、ブランクが開いてしまった。病院やクリニックは忙しすぎて…または責任が多き過ぎて、自分には無理…などと、看護師の資格を持っていながら病院やクリニックで働くのはちょっと…という方もいらっしゃるかもしれません。

実は看護師の資格を持っているなら、病院やクリニック以外でも働ける職種は意外と多くあります。一般の看護師職より向いている職種が見つかるかもしれません。

一般企業
一般の企業でも大きな企業では医務室を設置している企業もあります。社員の応急処置、健康管理や健康相談などが主な業務で、病院やクリニックの看護師とは大きく業務内容が違ってきます。応急処置などはやはり臨床経験が必要とされますが、業務内容の特徴から、コミュニケーション能力が重視されます。

 

治験

病院以外の機関や製薬会社などの企業がそのお仕事の中心になります。一般の看護業務の他に、治験を受ける方の精神的なサポートや、治験の内容の説明などの能力が問われ、コミュニケーション能力が重視されます。

 

ツアーナース修学旅行や高齢者などの旅行ツアーに同行して、旅行者の健康の管理や怪我や急病の対応などを行うお仕事です。短期的な契約が中心となるため、短期の求人でもかまわない場合には良いかもしれません。また旅行が少なかたには強い魅力を感じられるかもしれません。

 

MR製薬会社に勤め、病院やクリニックなどのルートセールスを行っていきます。自社製品の営業や医薬品の適切な用法などを伝える情報提供と、現場での使用データを収集や報告をする業務が中心となります。看護師の業務で培った知識や経験を活かすことが出来ます。

看護師の転職について
線
看護師求人サイトのメリット
退職を決めてから転職するまでの流れ
New!
立つ鳥跡を濁さず…。
円満退職から新生活へ。
新しい病院への転職の流れ

看護師の転職活動を始める準備期間
PicKup
スムーズな転職を成功させるために
看護師の転職はどれくらい前から
転職活動を始めれば良いのか?

意外に多い看護師が活躍できる職種
Point
看護師は病院やクリニックだけが
職場じゃない!意外にたくさんある
看護師としての経験が活かせる職場